抗ガン剤でガン治療する?

抗ガン剤でガン治療する?

ガンの治療方法のひとつに、抗ガン剤治療があります。
抗ガン剤は血液に入って全身をめぐり、ガン細胞を攻撃します。
その他にもガンの治療には、外科的な手術や放射線照射などもあります。
外科手術や放射線照射は、大変効果の高い治療方法です。
しかしどちらも局所的な治療であるため、ガンが大きくなって全身に転移してしまった場合、転移したガンを全て外科手術で取り除くのは、患者に大変な負担がかかります。
また、放射線照射は副作用が強いため、全身に行うことはできません。
そういう場合、血液に乗って全身に薬効を運ぶ抗ガン剤は、効果が期待できる治療法なのです。
抗ガン剤は、現在100種類近くが開発されています。
ガンの種類によっても、患者によっても効果が変わります。
普通に処方される薬と比べ、副作用が強いため、処方が難しい薬です。
普通の薬は一定の量を投与すると効果が出て、さらに増やしていくと副作用が現れます。
効果がほどよく出る投与量と、強い副作用が出る投与量には大きな差があるのが一般的です。
しかし抗ガン剤は、効果が出る量と副作用が出る量に差が少ししか無いことが特徴で、場合によっては効果が出る投与量が、副作用が出る投与量を上回ることもあります。
しかし現在では研究開発が進み、できるだけ副作用を軽くする努力も行われています。
手術よりも治療効果が劣るのではないかという方もいますが、抗ガン剤が高い効果を発揮するガンもあることは事実です。
急性白血病や悪性リンパ腫、絨毛ガンなどは、完治する可能性もあります。

つまり、薬物療法が適したガンと別の治療方法が適したガンがあるということです。
治療に合った薬物を投与すれば高い効果が得られますし、完治に至らないまでも、ガンを小さくしたり進行を遅らせたりすることができるものもあります。
逆に、効果がほとんど得られない肝臓ガンや腎臓ガン、脳腫瘍などのガンには、他の治療法が適していると言えるかもしれません。
抗ガン剤は、細胞障害性のものと分子標的治療薬との、2種類に分類されます。
細胞障害性剤は、さらにアルキル化剤や抗生物質、微小管阻害薬など細かく分類されます。
細胞障害性の薬は、ガン細胞の分裂を阻害したり、増殖を抑え込んだりすることでガンを攻撃します。
しかし、ガン細胞と正常な細胞を区別する能力が低かったため、副作用が強く出ていたのです。
最近は、より研究が進み、ガン細胞だけが持つ分子レベルの特徴を、見分けることができるようになりました。
その分子レベルの特徴を標的として攻撃する薬が、分子標的薬です。
副作用が少なく効果も高くなり、今後さらなる開発が期待されています。
また副作用が強いとされてきた抗ガン剤についても、吐き気などの辛い副作用を抑える薬を併用するなどの、対策が取られています。
抗ガン剤は日々開発が進み、治療に活かされています。
今は不治と宣告されても、半年後には治療が可能になっているかもしれません。
ガンは治すことができる病気だと考え、毎日を大切に治療に取り組みましょう。