大腸がんの種類とは?

大腸がんの種類とは?

大腸がんは、腫瘍の出来た場所によって大きく「結腸がん」と「直腸がん」の2つに分けることができ、どちらも腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。
結腸がんは、盲腸からS状結腸の間にがんの腫瘍が出来ることで、最も多く出来る場所は直腸に近いS状結腸でしょう。
初期症状としては、便に血が筋状に付いたり、黒っぽい血が混じった便が出たりします。
また、腫瘍によって直腸の幅が狭くなるので、おなかが痛くなったり、肛門付近やお尻が痛くなったりすることが多いです。
このような腸の表面の粘膜内、または、粘膜下層にがん細胞がある段階を「早期結腸がん」と言い、がんが進行して筋層以下にまでがん細胞が進んでいるものを「進行結腸がん」と言います。
直腸がんは、肛門に近い場所の肛門からS字結腸の間にがんの腫瘍が出来ることで、肛門から近い場所にあるために触診によって簡単に検査することが出来ます。
初期症状としては、黒っぽい血が混じった便が出たり、血液の他に腸の粘膜が出てしまうこともあるでしょう。
それに、進行した直腸がんの場合には、便がとても臭くなるのが特徴です。
以前は、大腸がんと言えば、直腸がんが多かったのですが、日本の食生活が欧米化しているのに伴い、日本でも欧米人の様に結腸がんを発症するケースが年々増えて来ています。
昔のように植物繊維を多く摂取し、動物性脂肪を減らすような食生活を心掛けることが大腸がんの予防には重要と言えるでしょう。

関連ページ

大腸癌の種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の初期の症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の進行速度、ステージとは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の検査の方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんのステージと治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の放射線治療とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。