大腸癌の進行速度、ステージとは?

大腸癌の進行速度、ステージとは?

大腸癌の進行速度は、0期〜4期というステージで表されます。
大腸癌の進行速度を表わすこの5期にわたるステージは、それぞれ病状の目安があります。
0期では、癌がまだ粘膜内に留まっている状態であることを示し、早期発見の段階だと考えることができます。
0期で大腸癌を発見できれば、まだごく初期段階ですから、内視鏡などによる切除で転移もなく完治することが可能になるでしょう。
ステージ1期では、病巣となる癌が大腸壁に留まっている状態であることを示し、2期では隣接臓器に転移こそしていないものの、癌が大腸壁を超えて進行している状態を示しています。
大腸癌のリンパ節への転移が見られるようになると3期ステージです。
3期ステージでは、転移の場所や個数によって、ステージ3aや、ステージ3bなど、細かく分類されています。
ステージ最終の4期では、リンパ節を始めとして、腹膜や肺などの大腸から遠い臓器にも多臓器転移をしている状態であると考えられ、最も癌が進行していることを示します。
4期になってしまうと、病気の予後も不良であるといわれており、治療がとても困難になるでしょう。
大腸癌の進行速度を表すステージは、生存率とも深く関係しています。
ステージが進むにつれて、生存率も下がってしまうのです。
また、患者自身が自分の大腸癌の進行状況を知る目安にもなりますね。
進行速度とステージの関係を理解しておくと、大腸癌を患った時に病状を把握しやすいといえます。

関連ページ

大腸癌の種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の初期の症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の検査の方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんのステージと治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の放射線治療とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。