大腸癌の種類とは?

大腸癌の種類とは?

一言で大腸癌と言っても、大腸癌の種類は多種類にわたります。
大腸癌は、癌が発生した部位が直腸であれば直腸癌、S字結腸だったらS字結腸癌というように、部位によって名称が変わってきます。
直腸癌やS字結腸癌は大腸癌の中でも多いといわれていますが、他にも、大腸癌の種類には、盲腸癌や上行結腸癌、横行結腸癌や下行結腸癌などもあります。
また、大腸癌は癌細胞の組織や癌の形状によっても、種類が分けられています。
癌細胞の組織には、腺癌と呼ばれるものがあり、これは癌細胞が腺腔を形成しているものです。
癌の組織には、癌細胞が扁平化している扁平上皮癌、腺扁平上皮癌があって、全部で三種類になります。
さらに、大腸癌は、癌の形状によっても種類が分けられているのです。
癌となる腫瘍にはそれぞれの形状があり、盛り上がりだけで潰瘍のない1型と呼ばれるものや潰瘍があっても範囲が限定的な2型と呼ばれるもの、潰瘍が崩れて範囲が広がっていく3型と呼ばれるもの、表面に癌ができずに進行していく4型と呼ばれるものがあります。
このように大腸癌は部位による種類だけでも6種類、組織による種類だけで3種類、さらに、形状によって分けられる種類が4種類あるわけです。
これらを組み合わせで考えると、何通りもの種類になってしまいますね。
つまり、大腸癌は大腸癌でもこの組み合わせ次第によっては、比較的治療が容易だったり、逆に治療が困難だったりします。
治療方法が異なることがあるのはもちろん、治療後の後遺症なども変わってくるでしょう。

関連ページ

大腸がんの症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の初期の症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の進行速度、ステージとは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の検査の方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんのステージと治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の放射線治療とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。