大腸ポリープの種類とは?

大腸ポリープの種類とは?

「ポリープ」という言葉は良く耳にすることと思いますが、ポリープとは胃や腸などの内壁に出来たいぼ状の腫瘍の総称です。
その中で、大腸ポリープとは、大腸の粘膜に出来たポリープのことを指します。
ポリープが出来ている場所によって、「直腸ポリープ」、「S状結腸ポリープ」、「下行結腸ポリープ」、「横行結腸ポリープ」、「上行結腸ポリープ」と呼ばれています。
40代から増え始め、年齢を重ねるごとに出来やすくなるとも言われていて、男性に多く見られる症状です。
大腸ポリープは大きく分けて、そのまま放置しておいても大丈夫な良性のものと、がん化する可能性のある腫瘍とに分けられます。
良性のものには、炎症性のポリープや過形成によるポリープがあり、どちらも正常な細胞がイボ状になったもので、年齢を重ねていけば自然に見られる症状ですので、そのまま放置しておいても心配ありません。
腫瘍は、悪性の腫瘍と良性の腫瘍とに分けられています。
悪性の腫瘍と言われているのがいわゆる「がん」ですが、このポリープ状の形をしている場合にはまだ早期のがんだと言ってもいいでしょう。
進行したがんになると、既にイボのような突起ではなくなっていて、ポリープとは呼ばれなくなっています。
また、良性の腫瘍は「線種」と言い、大腸ポリープの80%はこの線種だと言われています。
そのために、大腸ポリープというとこの線種を指す場合が多いようです。
S状結腸や直腸で出来やすく、多くの大腸がんは線種から発生すると考えられています。

関連ページ

大腸癌の種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の初期の症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の進行速度、ステージとは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の検査の方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんのステージと治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の放射線治療とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。