大腸がんの症状とは?

大腸がんの症状とは?

大腸がんの場合もその他のがんと同じように、初期の段階ではほとんどその症状を自覚出来ないケースが多いようです。
それでも、一般的には、大腸がんの症状は便に現れますので、次のような症状が現れ始めたら早めに医療機関を受診するようにしましょう。

 

・便に鮮血、または、黒色の血液が混じる
・普段から下痢をしやすくなった
・残便感がある
・便が細くなるなどの排便の異常
・常に下痢と便秘を繰り返す
・おなかが張るような感じがする
・腹痛がよく起こる
・痛みを伴うようなしこりがある
この中でも、便に血が混じるような症状が頻繁に現れるようであれば、注意が必要です。
これは、大腸がんの原因の多くはポリープによるものなのですが、そのポリープから出血することで便に血が混じるようになるのです。
血が混じることによって便が固くなり、便秘にもなりやすくなります。
さらに、便が溜まり過ぎると、今度はおなかをこわして下痢になりやすくなるでしょう。
これが、下痢と便秘を繰り返す原因になっているのです。
便に血が混じると、どうしても痔と間違うケースが多いのですが、がんによる血便は痔のような肛門付近の痛みがなく、暗赤色の血液が混じる場合や、時には黒い血の塊が出たりするのが特徴です。
他にも、腸の内腔が狭くなることが原因で頻繁におなかが痛くなったり、おなかが張るような感じになったりする場合にも、大腸がんの初期症状である可能性が考えられます。
大腸がんは非常に気付きにくいがんのひとつですので、早期発見出来るかが重要なポイントとなります。

関連ページ

大腸癌の種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の初期の症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の進行速度、ステージとは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の検査の方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんのステージと治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の放射線治療とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。