大腸癌の薬物治療方法とは?

大腸癌の薬物治療方法とは?

大腸癌の薬物治療方法は、抗がん剤や化学物質を使った治療になります。
大腸癌は基本的に手術で切除することが多いのですが、手術では取りきれなかった癌細胞がある場合や再発を防いだり、再発を遅らせるために補助的に薬物治療を行うことが多いです。
また、再発時や手術ができない場所であったり、大きさにより手術ができない場合などには、癌細胞の成長や増殖を抑えるために薬物治療を行うこともあるでしょう。
さらに、手術を行うため、事前に癌の勢いを弱めたり、小さくするために術前に薬物治療を行うこともあるようです。
大腸癌の薬物治療方法としては、点滴で静脈内に抗がん剤などの薬剤を注入して血液に乗せて全身に薬剤効果を広げる方法や口から服用して全身に効果を行きわたらせる方法が用いられます。
大腸癌の薬物治療で使用される薬剤は、抗がん剤が主となり、癌細胞の代謝をシャットアウトして癌細胞を死滅させる働きを持つ代謝拮抗剤や癌細胞の遺伝子に働きかけて癌細胞の成長を阻止するプラチナ製剤などを利用することが多いでしょう。
薬剤の種類は複数あり、一種類だけを使用する場合もあれば、複数の薬を同時に併用してより高い効果を求める場合もあり、それぞれの病状にあった組み合わせで薬物療法を行います。
近年、大腸癌における薬物治療方法は進化を遂げており、より効果的で副作用の少ない薬が開発されているといわれています。

関連ページ

大腸癌の種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の初期の症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の進行速度、ステージとは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の検査の方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんのステージと治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の放射線治療とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。