大腸癌の放射線治療とは?

大腸癌の放射線治療とは?

大腸癌の放射線治療には、二つの治療方法があることをご存知ですか?まず一つめは、手術前の用意として、癌細胞を少しでも小さくする目的で行う放射線治療です。
これを「術前化学放射線療法」と呼び、放射線治療だけでなく、抗がん剤などと併用して、手術に備えて癌の勢いを抑えることもあるようです。
手術の補助的な役割をする放射線治療は、一ヶ月程かけて高エネルギーX線を体外から照射するといわれています。
二つめの治療方法としては、大腸癌が進行してしまい、手術による切除ができなくなってしまっている場合に用いる放射線治療です。
大腸癌の摘出手術ができないために、治療目的ではなく少しでも痛みを和らげたり、延命させることに重点をおいた放射線治療で、「緩和的放射線治療」と呼ばれています。
緩和的放射線治療は、二週間から四週間程の治療を行うことが多いでしょう。
進行してしまった大腸癌によって、骨や脳への転移が認められる場合にも効果が高い治療方法です。
放射線治療と簡単にいっても、実際には、副作用を伴う大変な治療になります。
放射線治療は照射量や治療期間などが個々に違うため、副作用の症状にも個人差がありますが、ほとんどの人は下痢や排便痛など腸に関わる副作用が現れることが多いです。
これは放射線治療で腹部や骨盤内に放射線を照射することで起こる症状だと考えられます。
放射線治療の副作用としては、他にも、全身倦怠感や嘔吐、腸炎や皮膚炎、食欲低下や白血球減少などの症状も現れることがあるようです。

関連ページ

大腸癌の種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の初期の症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の進行速度、ステージとは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の検査の方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんのステージと治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。