大腸がんのステージと治療法とは?

大腸がんのステージと治療法とは?

大腸がんの進行は、腸の内側の粘膜から始まって、次第に腸の外側の深部に向かって進んで行きます。
大腸がんのステージとは、症状の進行度を表している病期で、0期から4期にまで分類されていて、数字が小さいものが初期段階、数字が大きくなるほど進行段階にあると言えるのです。
まず、「ステージ0」は、がんが粘膜に留まっている早期がんを指します。
このステージ0では、内視鏡的治療や手術が行われます。
「ステージ1」は、がんが大腸壁に留まっている段階です。
「ステージ2」は、がんが大腸壁を越えてはいても、付近の臓器にまで影響を与えていない段階を指します。
「ステージ3」は、がんがリンパ節にまで転移している段階です。
このステージ1〜3では、手術を中心とした治療法が一般的に適用されます。
最後に、「ステージ4」は、腹膜や肺、肝臓などの他の臓器への遠隔転移が見られる段階です。
このステージ4では、転移したがんを手術するケースもありますが、多くの場合は化学療法や放射線の治療方法が適用されます。
大腸がんの診断の際には、このステージ分けを正しく判断することがとても重要となってくるでしょう。
それは、ステージによって治療法の選択が異なることもありますが、今後の生存率の算出にも大きく関わってくるからです。
大腸がんの生存率は、ステージ3なら5年生存率が70%ほどあるのに対して、ステージ4では10%にまで低下してしまいます。
このように、ステージの判定が大腸がんの完治の見込みにも参考にされているのです。

関連ページ

大腸癌の種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の初期の症状とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の進行速度、ステージとは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸がんの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の検査の方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の放射線治療とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸癌の薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの種類とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ポリープの治療法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。