胃がんの手術とは?

胃がんの手術とは?

胃がんだと診断された時には、今現在、自分がどのステージに位置しているのか理解することがとても重要です。
どのステージなのかによって、胃がんの進行具合が変わってくるので、手術の方法や切除する範囲なども異なります。
胃がんでは、手術で病巣部分や転移部分を切除してしまうことが、確実性の高い治療方法になります。
もちろん、早期発見されて、がんが小さければ小さいほど、内視鏡などを使って簡単に切除することができるでしょう。
しかし、がん細胞があちこちに散らばってしまっている場合もあり、この場合は内視鏡で切除するのはとても難しいといわれています。
切除する範囲も、がんの進行具合によって変わってきます。
胃の上辺りから真ん中くらいにがんの病巣がある場合には、胃を全摘出することが多いです。
その場合には、食道と小腸を繋ぎ合わせるのですが、胃の全摘出手術を行うと、約5〜6週間ほどの入院をしなくてはなりません。
胃を全摘出しても、機能的に問題はないものの、手術後の体の負担が大きくなるでしょう。
できれば、そこまで胃がんが進行してしまう前に治療を受けたいものですね。
また、手術でも病巣を全て取り切ることができない場合には、抗がん剤を併用して治療を行っていくということもあります。
ただ、やはり、胃がんの場合は手術を行って病巣部分を完全に取り除かない限り、根治するのは難しいといわれています。
つまり、手術でも病巣部分を完全に取り除けないということは、胃がんが転移してしまう可能性が高いということになるでしょう。

関連ページ

胃がんになった時の余命、生存率ってどれぐらい?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの種類って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
スキルス性胃がんって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんのステージって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの初期の症状、兆候って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの中期、後期の症状って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんは転移する確率が高い?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんにならないための食事って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの検査方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの治療方法って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。