胃がんの中期、後期の症状って?

胃がんの中期、後期の症状って?

中期以降の胃がんの症状には、どういったものが考えられるのでしょうか。
初期症状としては、腹痛や胸やけ、ゲップ、食欲不振や体重減少などといった直接胃がんとは結びつかない症状が多いです。
中には、全くの無症状だという場合もあります。
しかし、中期や後期になると、症状にも変化が現れてきます。
胃壁の筋層や漿膜まで進行してきているのですから、普通に生活することが段々ままならなくなってくるでしょう。
食欲不振、吐き気、全身倦怠感、吐血や下痢、激しい胃の痛み、背中の痛みを感じます。
貧血を起こし、下血も見られるようになります。
さらに、末期になってくると、痛みや食欲不振、吐血、下血以外にも腹水の貯留が現れてくるでしょう。
また、転移した場合は、転移した場所の症状も現われてきます。
このようになってしまっては、発見されても完治は難しくなってしまいます。
なので、胃がんを完治するためには、できるだけ早期に発見することが重要になってくるでしょう。
それでは、早期に発見するためにはどうしたらいいのでしょうか?ちょっとした食欲不振で病院に行っても、薬だけ処方されて胃の検査まではしてくれないことが多いです。
そのため、やはり定期的に検診を受けるしかないでしょう。
会社の健康診断では胃までは検査しない場合がありますので、注意が必要です。
胃のレントゲンや胃カメラなどの検査を定期的に受けることが早期発見に繋がります。

関連ページ

胃がんになった時の余命、生存率ってどれぐらい?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの種類って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
スキルス性胃がんって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんのステージって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの初期の症状、兆候って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんは転移する確率が高い?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんにならないための食事って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの検査方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの治療方法って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの手術とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。