胃がんは転移する確率が高い?

胃がんは転移する確率が高い?

やはり、胃がんと聞くと、気になるのが転移ですよね。
がんの症状や進行状況によって、転移の確率が高くなっていきます。
これは胃がんに限らず、他のがんでも同じことがいえるでしょう。
早期がんで早い段階で手術や治療を行っていれば、転移の確率も再発の確率も低くなりますが、がんの発見が遅れれば遅れるほど、転移のリスクが増えてしまうものです。
あまりがんが深い部分にまで達していない場合でも、リンパ節に転移してしまっていると、体の色々な部分に転移している確率が高くなってしまいます。
胃がんが粘膜内で留まっている場合であれば、転移の確率はとても低く、リンパ節へ転移する確率は約3.3%です。
これが粘膜下層までがんが達している場合になると、リンパ節に転移する確率がグンと上がり、約17.6%になります。
粘膜内と粘膜下層部分の違いだけで、リンパ節への転移率が5倍以上も違ってくるのです。
こういったことを考えても、やはり、早期発見することが大事だと思い知らされますよね。
それでも、粘膜下層部分でがんの進行が止まれば良いのですが、もし、胃の周辺の臓器にまでがんが達してしまっていると、リンパ節への転移率が約89.7%になってしまいます。
ここまで進行してしまった場合には、5年生存率も一気に下がってしまい、約23.9%です。
さらに、がんが進行しないと症状が現れないといわれているスキルス性のがんの場合は、発見が遅れるため、ほとんどの患者さんに他の部位への転移がみられるでしょう。

関連ページ

胃がんになった時の余命、生存率ってどれぐらい?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの種類って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
スキルス性胃がんって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんのステージって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの初期の症状、兆候って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの中期、後期の症状って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんにならないための食事って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの検査方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの治療方法って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの手術とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。