胃がんになった時の余命、生存率ってどれぐらい?

胃がんになった時の余命、生存率ってどれぐらい?

現代のストレス社会において、胃がんを発症する方の割合は、年々増え続けています。
ただ、発症率は高くなっていますが、それに伴って胃がんの治療技術も向上しているので、根治できる確率も高くなってきているようです。
とはいえ、胃がんと聞くと、やはり、生存率や余命が気になりますよね。
生存率や余命を決めるのにとても深く関係しているのが、その胃がんの進行具合です。
がんには、1〜4までのステージがあり、ステージごとに症状や治療方法が変わってきます。
そして、余命や生存率もステージごとに算出できるのです。
他にも、大まかな生存率の目安として、「5年生存率」というものもあります。
5年生存率は、がんだと診断されてから、5年後までにどのくらいの確率で生存しているかの割合です。
つまり、5年生存率が低ければ低いほど、亡くなっている可能性が高いということになります。
ちなみに、胃がん全体の5年生存率は約70%ですが、ステージ4になると5年生存率は約10%です。
ただ、5年生存率が低いからといって諦める必要は全くありません。
余命数ヶ月と診断されていたにも関わらず、胃がんを根治したという例もあります。
ステージや5年生存率は、あくまでも目安でしかないのです。
がんの進行状況は人それぞれ違いますし、治療方法との相性にも個人差があります。
抗がん剤との相性がとても良かったり、治療にあたってくれた医師が名医だったりすれば、5年生存率も上がるでしょう。
もちろん、本人の意思や努力も大切です。

胃がんだと診断されたら、主治医とよく話し合って、自分の胃がんの状態をしっかり理解した上で、治療方針などを検討しましょう。
自分にとって納得のいく治療が受けられるように、病院や医師を変えてみるのもいいかもしれません。

関連ページ

胃がんの種類って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
スキルス性胃がんって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんのステージって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの初期の症状、兆候って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの中期、後期の症状って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんは転移する確率が高い?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんにならないための食事って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの検査方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの治療方法って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの手術とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。