胃がんの検査方法とは?

胃がんの検査方法とは?

胃がんを検査する方法について、ご紹介していきます。
胃がんを検査する方法としては、以下の三つが代表的な検査です。

 

1、胃カメラ(上部消化器内視鏡検査)
1cm程度のカメラのついた管を飲み込んで検査します。
胃の内部を直接検査することができますので、精度が高いです。
がんがあるかどうか?病変があるかどうか?その広がりや深さなどについても調べます。
胃がんだけではなく、胃・十二指腸潰瘍や食道がん、その他の上部消化管疾患を全体的に調べることができます。
ここで病変が見つかった場合は、細胞の一部を採取し、病理組織検査を行い、顕微鏡でみて、がんかどうかを判断することになるでしょう。

 

2、胃部レントゲン
バリウムを飲んで、胃の状態をX線で撮影する方法です。
胃カメラをするほどでもないと思われる場合に行われることが多いです。
特に検診ではよく行われます。
比較的精度は高い方ですが、小さながんの場合は見逃されるケースもあります。

 

3、血液検査(ペプシノーゲン検査)
胃の粘膜から分泌されるペプシノーゲンIとUの比を出すことによって、委縮性胃炎にかかっているかどうか調べます。
この値が低下していれば、委縮が起こっていると考えられるのです。
低下を示していれば、胃カメラの検査を行うことになります。
胃の委縮は胃がんの発生率が高いので、ペプシノーゲン検査は胃がんのスクリーニング検査としても有用性があります。

関連ページ

胃がんになった時の余命、生存率ってどれぐらい?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの種類って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
スキルス性胃がんって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんのステージって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの初期の症状、兆候って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの中期、後期の症状って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんは転移する確率が高い?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんにならないための食事って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの治療方法って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの手術とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。