胃がんの種類って?

胃がんの種類って?

胃がんの種類について、簡単にご説明していきましょう。
胃がんとは、胃にできる悪性腫瘍のことですが、進行具合や形態、組織の特徴などから様々な種類に分類されています。
治療を的確に進めるためには、よく調べる必要があるでしょう。
まず、胃がんは、胃壁のどこまで到達しているかにより、その種類が分けられています。
胃壁は粘膜層、粘膜下層、固有筋層、漿幕下層、漿膜からなっており、胃がんは最初は内側の粘膜層に発生するのです。
それが時間とともに、粘膜下層、固有筋層と次第に外の方へ向かって進行していきます。
がんがどの部分まで到達しているかにより、「早期」「進行」に分けることができます。
早期がんというのは、粘膜下層まで到達している場合をいい、進行がんは筋肉や漿膜にまで到達している場合のがんです。
早期胃がんは、がんの形状からT型(隆起型)、U型(表面型)、V型(陥凹型)に分けることができます。
さらにU型は、UA型(表面隆起型)、UB型(表面平坦型)、UC型(表面陥凹型)に分類されているようです。
進行胃がんは、限局型(がん組織と正常な組織の境界が明瞭で1型と2型がある)と、浸潤型(がん組織と正常な組織の境界が不明瞭で3型と4型がある)に分けられています。
がんはがん組織のタイプでも分類される場合があります。
がん細胞が正常な細胞と比較して変化が少ない場合を「分化型のがん」といい、がん細胞が正常な細胞と比較して変化が大きい場合を「未分化型のがん」といっているのです。

関連ページ

胃がんになった時の余命、生存率ってどれぐらい?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
スキルス性胃がんって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんのステージって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの初期の症状、兆候って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの中期、後期の症状って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんは転移する確率が高い?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんにならないための食事って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの検査方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの治療方法って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの手術とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。