胃がんの治療方法って?

胃がんの治療方法って?

胃がんの治療方法は、今のところ、四種類が代表的です。
よく耳にするのは、手術、抗がん剤、放射線療法ですが、具体的にはどういった治療を行うのでしょうか?
1、手術
胃がんでは、手術が最も有効的な治療方法です。
胃を切除して、周辺のリンパ節を取り除きます。
胃をどのくらい切除したかによって、胃の代わりになる食物の通り道を作らなければなりません。

 

2、内視鏡的治療
まだ早期と思われる小さいがんは、内視鏡を使って粘膜ごと胃がんの切除を行います。
内視鏡下胃粘膜切除術(EMR)と言います。
患者への体の負担も少なくて済みます。

 

3、抗がん剤治療
術前や術後に組み合わせて行う場合が多いです。
完治が難しいと思われる場合には抗がん剤中心に治療を行う場合もあります。
早期の胃がんの場合、術後は行わない場合も多いでしょう。

 

4、放射線療法
胃がんに対して、直接的に放射線治療を行うことはありません。
放射線は胃がんに対して効果が薄いためです。
ただ、脳や骨、リンパ節などに転移が起きた場合、大きくならないように行うことがあります。

 

現在の医学では、この四種類の治療法のいずれか、もしくは、複数を組み合わせて胃がんを治療することが多いでしょう。
胃がんは早期がんであれば、手術によって十分に根治可能で、五年生存率も非常に高いです。
早期発見が何よりも大切であることが、わかりますよね。
自覚症状の出にくい疾患なので、なりやすい年齢になったら定期的に検査を受けることがとても大切です。

関連ページ

胃がんになった時の余命、生存率ってどれぐらい?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの種類って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
スキルス性胃がんって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんのステージって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの初期の症状、兆候って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの中期、後期の症状って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんは転移する確率が高い?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんにならないための食事って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの検査方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの手術とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの薬物治療方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。