胃がんの薬物治療方法とは?

胃がんの薬物治療方法とは?

手術では完全に取り切ることができなかったがんがある場合や手術後にがんが再発してしまった場合、手術による治療が難しいと判断された場合に薬物治療が行われます。
この時、使用される薬がいわゆる「抗がん剤」です。
抗がん剤は治療のためだけでなく、再発を予防するためにも使用されています。
胃がんの種類やタイプによって、効きやすい薬や効きにくい薬があります。
がんを発症し、薬物治療を行っていき、延命が期待できる確率は、胃がんでは30〜50%といわれています。
現在、胃がんの薬物治療で使用されている薬として代表的なのは、「テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(TS−1)」や「シスプラチン」といった薬です。
ただ、胃がんの進行具合によっても、薬物治療に使う薬は変わってきます。
それに、副作用を抑えるためやより高い効果を得るために、様々な組み合わせで処方されることも多いでしょう。
いずれにしても、抗がん剤はその効果が高い分、体にかける負担も大きくなります。
そのため、薬物治療を行う際には休薬期間が必要です。
一定の期間、投薬による胃がん治療を行ったら、しばらく投薬を中止して、抗がん剤でダメージを受けて弱ってしまった細胞を元の状態に戻します。
抗がん剤といえば、副作用があるというイメージを持つ方も多いくらい副作用が起きやすいのです。
近年、できるだけ副作用を避けて胃がんの薬物療法を行いたいと望む方が選択することが多い治療法が免疫療法です。
これは免疫力を高めることで胃がんを治すことを試みる方法なのですが、副作用は確かに少ないものの、はっきりとした効果は実証されていません。

関連ページ

胃がんになった時の余命、生存率ってどれぐらい?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの種類って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
スキルス性胃がんって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんのステージって何?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの初期の症状、兆候って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの中期、後期の症状って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんは転移する確率が高い?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんにならないための食事って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの検査方法とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの治療方法って?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
胃がんの手術とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。