大腸ガンの症状と原因とは?

大腸ガンの症状と原因とは?

大腸ガンは、女性に多い病気となっています。
それは、女性には便秘の症状を持っている方が多い事と関係があります。
また、最近では食生活の欧米化に伴い、女性だけでなく男性も増加傾向にあるようです。
一般的に若い方の発症は少なく、中年以降の方がかかりやすい病気と言えますが、子どもの頃から強い便秘の症状があれば、若い世代からでも発症する可能性があります。
大腸ガンを予防するには、便秘を改善し、腸のぜんどう運動を促すようにすることです。
朝起きたときに1杯の水を飲み、朝食は必ず食べるようにします。
食後に排便の習慣が付けば、便秘は解消されますから、トイレに行く時間を作る為に、朝余裕を持って起きる事も大切です。
また、適度な運動も、便の排出を促す効果があります。
運動を行う事で新陳代謝が良くなって、腸も刺激されるからです。
便秘かなと思ったら、お腹を手のひらで「の」の字を書くようにマッサージするのもオススメです。
食生活において、野菜を多く摂る事も便秘を解消し、大腸ガンのリスクを減らす重要な習慣と言えるでしょう。
野菜に含まれている食物繊維が排便を促し、大腸ガンの原因ともなる宿便を取り除く効果があるからです。
宿便というと、腸の壁にべったりと張り付いた便を想像する方が多いようですが、実はこのような宿便は存在しません。
宿便とは、便が腸内に溜まってしまったものと考えると良いでしょう。
毎日充分な排便を行っていれば、自然と宿便もたまらないということになります。
また、欧米化した食事というのも、大きな原因のひとつです。

日本人は、元々野菜中心の食事を前提とした、長い腸をもっており、欧米人は肉食を中心とした短い腸を持っています。
欧米人が肉を多く食べても、腸に長く留まることなく排出されますが、日本人が肉を多く食べ過ぎると、腸に肉からできた便が長期間留まる事になるわけです。
野菜類から作られた便は、腸内に長く留まっても毒素を排出しにくいのに対し、肉からできた便は毒素を排出しやすくなっています。
できれば腸に有害となる便を早く排出させてあげる、ということが大切になるでしょう。
欧米人のような食生活プラス便秘、という習慣があれば、それはまさしく大腸ガンのリスクを高めると言えます。
便秘をしない男性でも、大腸ガンのリスクは、欧米化の食生活でもたらされる可能性があることも否めません。
また、加齢によって食事の量が減少するという要因も、便秘を引き起こす可能性があります。
1日3食きちんと食事を摂る事で、充分な刺激が腸に働くのです。
年齢とともに食が細くなる事は、多くの人が経験しており、同時に食物繊維の量も減少して便秘がちになって、大腸ガンの発症という事も考えられるでしょう。
ですが、野菜中心の食事を一日3回、排便も規則正しく、また大腸カメラや透視などの定期的な検査を定期的に行なう習慣がつけば、大腸ガンをそれほど恐れる心配はないでしょう。

関連ページ

胃ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
肝臓ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
子宮ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
乳ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
肺ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
皮膚ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。