子宮ガンの症状と原因とは?

子宮ガンの症状と原因とは?

子宮ガンには、子宮体ガンと子宮頸ガンとの2種類があります。
子宮体ガンは中年以降の方に多く見られるもので、子宮体部にできるものです。
子宮頸ガンは頚部にできるもので、子宮の入り口に腫瘍がみられます。
子宮体ガンはエストロゲンの分泌と関連性があり、出産経験の無い方が、50代〜60代頃になって発症することが多くなっています。
閉経後に不正出血が続くようであれば、この病気を疑ったほうがよいでしょう。
日本人に発症の割合が多いのは、子宮頸ガンのほうです。
子宮ガンの中でも8割くらいがこのタイプと言われていますから、検診などでもこちらの検査をする方が多いようです。
原因は、ウイルス感染と関連性があるのではないかと言われており、性行為によってこのウイルスに感染した方が発症しやすいと考えられています。
また、このタイプは比較的若い女性に発症する事が多く、閉経前で月経以外の不正出血があれば注意するようにしましょう。
どちらのタイプでも癌の一種ですから、若ければそれだけ癌細胞の増殖スピードも速くなりがちで、他の臓器に転移しやすいと言えます。
そのため、早期発見は非常に重要で、20代以降の方は、子宮頸ガンの検査を定期的に行っておいたほうが良いでしょう。
最近では市町村役場などで行っている、無料または格安の検診もあります。
女性の立場として、産婦人科に検査に行くという行為は、あまり気が進まない感じは誰しもあると思います。
無料の検査を毎年受けるようにしていれば、決まりごとのように受けられますし、あるいは他の病気で産婦人科に行く機会があれば、ついでに癌検査も受けておくのもいいでしょう。
一般的に多く見られる子宮頸ガンは、40代くらいの人が発症する傾向がありますが、10代でも20代でもかかる可能性はないとはいえません。
性体験がある人なら誰でも、発症の原因となるウイルスの感染の可能性があると言えます。

癌と言われると怖いからという気持ちが働き、一度も検査を行った事が無い場合は、注意が必要です。
最初の頃は自覚症状はあまりないことが多く、気が付いた時にはかなり進んでいたというケースも少なくありません。
できれば年に1回は、検査を受けるようにしたいですね。
最低でも2年に1度くらいは受けておくようにしましょう。
早くに見つかれば、頚部のみを小さく切除するだけで良く、その後転移や悪化などが無く何年も健康に過ごされている方も多くなっています。
進行していれば、子宮を全て摘出という事もあり得ますから、妊娠を希望している方は特に注意する必要があるでしょう。

関連ページ

胃ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
肝臓ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
乳ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
肺ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
皮膚ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。