肝臓ガンの症状と原因とは?

肝臓ガンの症状と原因とは?

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、肝臓ガンなどの病気が発生しても気付きにくいことで知られています。
肝臓ガンは、肝臓から発生した原発性のものと、他臓器からの転移ガンとに分けられます。
ここでは原発性のガンについて、詳しく見ていきましょう。
肝臓ガンは、肝細胞ガンと胆管細胞ガンが95パーセントを占めています。
成人では、肝臓ガンの9割が肝細胞ガンです。
男性の方が女性より罹患率が高く、約3倍となっています。
また、男性の方が、低い年齢層から罹患率が増加します。
男性では45歳、女性では55歳から増加して、70代で横ばいとなります。
現在では、1935年前後に生まれた方の罹患率が高いと言われており、それはこの年代のC型肝炎ウイルス感染率が高いことと、深い関係があるようです。
肝臓ガンは、主要な発生原因が解明されているガンです。
最も大きな要因となっているのは、肝炎ウイルスへの感染です。
長い間肝臓が肝炎にさらされていると、炎症によって肝細胞の遺伝子が傷ついて、ガンに進展しやすくなります。
肝炎にはA型やB型、C型D型など、さまざまな型があることが知られています。
中でも肝臓ガンと関連性があるのは、B型肝炎とC型肝炎です。
全世界の肝臓ガンの75パーセントが、このB型とC型肝炎から進展したものなのです。
日本における肝細胞ガンのうち、8割はC型肝炎によるものです。

B型肝炎によるものは1.5割、つまり、肝細胞ガンのほとんどが、肝炎に起因していると言えるでしょう。
逆にいえば、肝炎を予防することがガンを予防することにつながります。
肝炎は輸血や妊娠出産、性行為や針刺しなど、さまざまなことが原因になって感染します。
感染ルートが不明な場合も多いので、血液検査で自分が肝炎に感染していないかどうか、確かめる必要があります。
感染していた場合も、発症している場合とキャリアになって発症していない場合がありますが、どちらもガンが発症しやすい状況であることには変わりません。
肝炎が発症すると、全身がだるくなって食欲がなくなったり、黄疸が起きることもあります。
しかし自覚症状がないまま、進行してしまうこともあるのです。
肝臓ガンのリスクを軽減するためには、肝炎の検査を早めに行うことが肝心です。
さらに、もし肝炎に感染していた場合は、治療を行って肝臓ガンへの進行を防ぎます。
肝炎以外にも、飲酒や喫煙習慣などが肝臓ガンの要因になることはご存知ですか。
このガンには、ほとんど自覚症状はありません。
同時に起こっている肝炎や肝硬変の症状で、はじめて異変に気付くことも多いのです。
肝炎など、肝臓ガンになるリスクが高い状態かどうかは、検査で知ることができます。
ガンの治療で最も大切なことは、予防と早期発見であることは間違いありません。
自覚症状が全く無くても定期的な検査を行い、自分の健康を守りましょう。

関連ページ

胃ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
子宮ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
乳ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
肺ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
皮膚ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。