胃ガンの症状と原因とは?

胃ガンの症状と原因とは?

胃ガンは、毎年多くの方が死亡している怖い病気で、中高年の方に多く見られがちですが、若い方でも注意が必要です。
潰瘍の原因とも言われている、ピロリ菌と胃ガンとの関連性が注目されているのは、ご存知の方も多いと思います。
症状としては、食欲不振が現れ体重の減少が見られるのが特徴で、健康診断で偶然発見される事も多くなっています。
胃ガンといってもどの部分まで進行しているかによって、症状や治療方法は異なってきます。
進行すれば胃の深い部分にまで癌に侵され、大部分を摘出する手術が必要です。
一般的に、胃ガンは中高年の男性に多く見られる病気で、喫煙や飲酒の習慣、食生活の乱れ、ストレス、ピロリ菌の感染などが、発症の原因となるようです。
女性より男性の方が喫煙や飲酒の習慣が多いという事、中高年の男性は管理職という重要な仕事を任せられ、大きなストレスがかかりがちである事なども、原因の一つといえるでしょう。
最近ではピロリ菌の治療薬も開発されていますから、炎症などで悩んでいる方は、ピロリ菌の除去治療を受けることをお薦めします。
ピロリ菌が長期的に胃の中に住み着くと、胃の粘膜に炎症が起こりやすい状態となり、潰瘍や炎症、十二指腸潰瘍などの原因の他、胃ガンの原因にもなる事がわかってきました。
胃ガンが、治療が行えないほど進行してしまわないうちに、早期発見を望める検診や、胃ガンの原因ともなるピロリ菌の除去治療などを、積極的に受けるようにしましょう。
ピロリ菌は、中高年の男性の7割が感染しているとも言われており、感染者の唾液によって人から人へ感染する経口感染が殆どとなっています。
幼児期の頃に口移しで食べ物を与えたり、スプーンを共有する事も避けたほうが良いでしょう。
また、土壌に含まれているピロリ菌が水に入り込むことがあるそうですので、生水も注意が必要かもしれません。
ピロリ菌は幼児期に感染することが多く、成人してから新たに感染することは少ないようですので、親が気をつけることで胃ガンのリスクも減らせるという事になります。
現在では衛生上の意識の変化から、生水を飲むという習慣は減り、若い方でのピロリ菌感染は減少しています。
しかし、ピロリ菌のみが胃ガンのリスクを高めているとは言い切れず、生活習慣の影響によって若い方が発病する可能性も否定できません。

胃ガンの早期発見ができた場合、粘膜のごく僅かを切除する内視鏡手術で済み、術後の経過も良好ですし、短期間の入院治療でも対応できる場合が多いです。
癌の範囲が広ければ、開腹手術を行って、大部分を切除したり、リンパ節や筋肉組織なども取り除く必要がでてきます。
やはり、早期発見のためにも、定期的に検診は受けておきたいものですね。

関連ページ

肝臓ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
子宮ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
乳ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
肺ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
皮膚ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。