乳ガンの症状と原因とは?

乳ガンの症状と原因とは?

乳ガンは、女性なら誰でもなる可能性のある病気といえます。
また、女性の癌の中でも乳ガンは上位に入っており、30歳以降になったら自分でセルフチェックを行ったり、検診を受けるようにしましょう。
この病気は癌の一種ですから、状態が悪ければ乳房の多くを切除しなければならない事もありますし、最悪の場合は、他の臓器にまで癌が転移してしまう可能性も否定できません。
乳房は女性の象徴でもあり、その大部分をなくしてしまった時のショックは大きいものだと思います。
乳ガンとは、乳房の中に腫瘍ができて、その腫瘍が悪性化してしまったものです。
悪性化した細胞は増殖スピードが速く、乳房のみならず胸の周りの組織にも影響を与え、癌細胞がリンパや血液に乗って全身に運ばれて、徐々に身体の多くの部分が癌にむしばまれていく事になります。
日本では、毎年2万人の方が乳ガンを発症していると言われています。
食生活の欧米化というのも原因のひとつなのか、現在では乳ガンの患者数が増加傾向にあり、今後女性の癌の割合で1位になる日も来ると言われています。
しかし、早期発見によって乳房を温存する治療方法も可能となっていますし、乳ガンの患者の死亡率は、他の癌の割合と比べると少なくなっていますので、たとえ乳ガンだとわかっても、必要以上にあわてる必要はありません。
癌という病名を聞くと、「自分はもう死ぬんだろうか」などという考えがよぎってしまうこともあるでしょう。
癌の闘病生活の話などを聞くにつけ、もし自分が癌になったら思うと、お先真っ暗なイメージを持ってしまいがちです。
しかし乳ガンは、適切な治療を早めに行えば、他の臓器への転移や再発も少なく、たとえ再発が起こったとしても早期に発見されれば、過剰な心配は無用と言えるでしょう。
乳ガンがかなり進行してしまったら、乳房の大部分を切除するという現状は避けられない事ですが、初期の頃であれば、放射線治療や抗がん剤による薬物療法で完治させる事も充分可能です。
他の癌に比べて怖いものではないと言いながら、乳房を失ってしうような残念な結果にならないように、早めに見つける事がもっとも大切であると言えるでしょう。
日頃から、どのような方がなりやすいのかや、胸を自分で触ってみてチェックする方法などの、知識を得ておくようにしましょう。
一般的にかかりやすいとされているのは、母乳育児をしなかった方や、出産経験の無い方、1人目の出産が高齢出産であった方、近親者に乳ガンの方が居るなど、色々な基準があります。

胸を自分で触ってチェックするときには、しこりができていないか丁寧に確認するようにします。
しこりの全てが悪性とは限りませんが、良性であっても今後悪性化する可能性を考えて、切除手術をする場合もあるようです。
入浴時にチェックする習慣をつければ、早期発見もできやすくなりますのでおすすめです。

関連ページ

胃ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
肝臓ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
子宮ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
大腸ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
肺ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。
皮膚ガンの症状と原因とは?
がんは大変怖い病気ですが、早期に発見することで治療が可能なことも知られています。早期発見のために、定期的な検診をお勧めします。ここでは様々ながんの症状について紹介しています。